2020年07月11日

ダブルブッキング

「ダブルブッキング」2020年6月28日 雄二 役

20200626.png

【視聴前】
 千葉くん、またまた面白そうなドラマの主演。二股男だそうです。会社のみんなに宣伝する時、佐津川ちゃんのことは「武蔵の娘」菜緒ちゃんのことは「あな番のウエハース」と呼んでいてごめんなさい。女子二人とも可愛いのに、なぜかリモートで可愛く見せる技を、あたりまえのように千葉くんがレクチャーするという番宣がありました。照明が大事、カメラは俯瞰で、耳に髪をかけてからの腕を頬につけるようなポーズ。上目遣いから得意のウインク。控えめにアヒル口。効果覿面スタジオの男性から「やめていただけますか」と悲鳴が上がる始末。(すみません言いすぎ。録画見直したらポーズを真似したココリコ田中さんに対しての「やめて」でした。でも面白いからこのままにしとく)千葉プロ頂きました。手の甲の絆創膏で「それどうしたの?」と言わせる技を描いてみました。インスタでお披露目した髭ちゃんは剃ったのですね。でもあのセルフプロモーションはお見事でした。戦国武将の役がいつきても大丈夫。
【視聴後】
 これはすごいドラマでした。コロナ禍が無ければ生まれなかったドラマです。PCの画面とリモートカメラだけでドラマは成立していました。起承転結、というか起承転転(本編)結(Hulu解説)な感じでした。視聴後絶対もう一度見返したくなるやつ。私は公式の画像で、ブラウザのタグに気が付いて予測を立てていたのですが、まったく見当違いでw。いくつかの伏線、暗示がありました。千葉くんのブログのメッセージ「正義ってなんなんだろうね」の意味、私の描いた絆創膏の彼も、視聴後に見ると違って見えますね。雄二……君のことがもっと知りたい。このドラマもシリーズ化すればいいのに。
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください